一般社団法人 日本経営協会 関西本部です。
トップ >  教育プログラム > 一目でわかる 図解表現の技術

教育プログラム詳細

プログラム名 行政機関向け 
一目でわかる 図解表現の技術
研修日数1日間
研修対象中堅社員(職員) / 若手社員(職員)
特徴気づきが得られることで、格段に「文書のコミュニケーション能力」は上がります。「自分で考える。」「自分で気づきを得る。」ことをモットーとした研修です。
すすめ方講義、演習 等
ねらい①情報の整理・要約ができる能力と技術を身につける。
②図解表現の基本スキルを通じて「素早く」かつ「的確に」情報を伝達できることを目指す。
プログラム内容

1.図解とは?

 

2.図解の目的 なぜ、図解するのか?
(1)図解をするメリット
(2)伝わる図解をするには?

3.図解への最初の一歩
(1)要約する
(2)箇条書きにする
(3)不要な情報を省く

 

4.図形の基本形と図解パターン

 

5.図解のための手順

  
6.図解表現のための応用テクニック
(1)時間軸の取り方
(2)矢印を使い分ける
(3)メリハリをつけて注目させる
(4)わかりやすい図解を心がける

 

7.まとめ

講師名キムラヒトミ 木村  仁美
<講師プロフィール>
㈱エステック入社。アップルセンター江坂トレーニング課長として、トレーニング事業を立ち上げ、運営・企画・テキスト作成・広報を手掛ける。

現在、同志社女子大学学芸学部メディア創造学科の非常勤講師としてITスペシャリストの育成に携わるほか、プレぜーんてーション、図解表現、文書作成などをテーマに企業・各種団体向け研修などをおこなう。

また、大手専門学校のテキスト執筆、ITコンサルティングやマルチメディア系イベントでのコーディネーター(司会進行)、ファイルメーカーProによるデータベースシステム開発なども数多く手がける。
リーフレット(PDF)ダウンロード(約 136KB)
問い合わせ先公務協力グループ
問い合わせ先電話番号06-6443-6925